cafemoが行く

カフェモカって世界一うまいドリンク

【スマート照明】我が家にPhilips Hue(フィリップス ヒュー)を導入

   

【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_01

スマートスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」を購入して、一番やりたいことって言ったら、やっぱりスマート家電の音声操作!でしょ。

スマート家電で一番オーソドックスだと思うのはフィリップス エレクトロニクス ジャパンが2013年9月に国内で販売を開始したスマート照明「Philips hue」。

これが今ではAlexa対応して音声操作できる(元々はスマホアプリで操作できる)ようになっているので、買ってみました。
これで声で電気を操れるようになるのです!長年の夢が叶う時がついにやってきました!

現在Hueは複数種類あるので、購入時間違えないようにしましょう。

■バージョン v1~v3
v1はAlexa対応していませんので注意。

■ランプが再現できる色の数
ホワイトグラデーション:電球色から昼光色まで調光調色できるランプ
シングルランプ:1,600万色以上
いろんな色を再現したい場合はシングルランプでないとダメです。

私が購入したのは「Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2」です。

これなら1,600万色以上再現できるランプが3つと、接続に必要なブリッジが同梱されています。
もちろんv2なのでAlexa対応です。

一番最新なのはv3ですが、値段が高いだけで性能はあまり変わりないようだったので、v2にしました・・・

Philips Hue 開封

【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_01

【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_02

【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_03

内容物

【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_04

  • 1,600万色以上再現できるシングルランプ×3
  • ブリッジ v2
  • 電源ケーブル/LANケーブル
  • 説明書
  •  

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_05

    電球にはHue white&colorの印字。

    接続

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_06

    まずはHue電球を家の電気につけます。
    ちなみに、電球の口金はE26です。
    一般的なサイズなので問題ないと思いますが、E26以外の口金のライトには付きませんので注意!

    続いて、ブリッジに電源コードを差してコンセントへ、そしてルーターにLANケーブルでつなぎます。
    私の場合、家のルーターのLANポートに空きがなく、スイッチングハブを別途購入するハメになりました・・・

    接続が完了したら、スマホにHueアプリをインストール。

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_07

    アプリの指示に従ってブリッジのボタンを押せば接続完了!!

    これでまずはスマホからHueライトを操作できるようになりました。

    スマホで操作

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_09

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_10

    スマホから家のライトが操作できます。
    オン・オフはもちろん、カラーも自由に設定できるし、ルーチンで毎朝7時になったら電気をつけるとか、GPSを使って家から10m離れたら電気を消すなんていうこともできちゃいます。

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_14

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_15

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_16

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_17

    最高だぜ!

    Amazon Alexaで音声操作をするには

    さて、今回一番重要なポイントです。
    Amazon Echoで家の電気を音声操作するためにHueを買ったわけですから!!!

    Hueを接続できただけではAmazon Alexaで音声操作することはできません。

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_08

    はやる気持ちを抑えつつ、Amazon AlexaアプリでHueのスキルを有効にします。

    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_11

    Phillips Hueのアカウントを作成してリンクが完了すると、スマートホームの中にHueが表示されます。
    これで準備完了です。

    Alexa!リビングのライトをオンにして!

    アレクサに呼びかける名称(○○のライトをオンにして)の設定がちょっと手こずりました。
    ちょっと考えれば分かるようなことなのですが、その時私は非常に興奮していたため、全然スムーズに設定できなかったので注意点を書いておきます。

    HueをAlexaで音声操作するためには、「Hueアプリ」と「Amazon Alexaアプリ」の2つのアプリをスマホにインストールしておく必要があります。
    で、どちらのアプリからもHueライトを操作できます。

    そのため、最初に「Hueアプリ」をインストールした状態で、「部屋のライト」というグループを作ってから、「Amazon Alexaアプリ」で「部屋のライト」という項目を作ってしまうと、同じ名称が存在することになってしまい、アレクサはうまく動いてくれませんでした。

    ■Amazon Alexaアプリでの設定画面
    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_12

    ■Hueアプリでの設定画面
    【スマート照明】我が家にPhillips-Hue(フィリップス-ヒュー)を導入_13

    呼びかける名称の設定は「Hueアプリ」で設定してある名称と同一にならないように「Amazon Alexaアプリ」から行おう!

    まとめ

    スマート家電の中でも照明が一番IoTに適した家電だと思います。
    家の中では音声でコントロールし、外出先からはアプリでコントロールできる照明って、本当に「未来」を感じられます!

    まだまだ価格が高くて気軽に手を出せるという感じではないけど、少しでも興味がある方は絶対に導入して後悔はしないと思います。

    とにかく最高だぜ!

    この記事も読まれてるよ

     - ALL, ガジェット, レビュー, 家電 , , , , , ,